「こぶたくんのめいそう」

先週の瞑想会で中野さんが紹介してくれた、
絵本の「こぶたくんのめいそう」
こぶたくんのめいそう
子どもにも分かるように書かれた、
大人向けの絵本ですね。
味わい深い文章に、
深く、納得しました。
今週の瞑想の時間にも、
ゲストのみんなに紹介しようと思います。
みなさんにも、本文の一部を紹介しますね。


「こぶたくんのめいそう」
ケリー・リー・マクリーン著 産経新聞出版
世の中って、なんて忙しくって、
うるさいなと思うことがあるよね。
はやく、はやく、はやくしなきゃ
って思うこともある。
座っているときだって、
ゆっくりしていられないなぁと感じていない?
頭にくるときでも、
かあっとならないようにするのも大変かも。
それに、思い通りにならないと、
本当にいらいらするよね。
だからね、こころの中に、
静かな場所をもっていることが大切なんだ。
そう、それが「瞑想」することなんだ。
こころ優しく、穏やかなこぶたくんは
いつひと休みしたらよいかがわかるんだ。
静かな場所をみつけて、息をするだけ。
すって、はいて、すって、はいて、すって、はく。
すると、こころ優しく穏やかなこぶたたちは、
大空を飛んでいる鳥のように、
自由な気持ちになるんだ。
そして、冷たく澄み切った夜の池のように、
こころは静かになっていくんだ。

コメントをどうぞ