朝日新聞・夕刊に掲載されました

10月4日の朝日新聞の夕刊・「解体心書」で、
新聞記者の断食の体験記が掲載されました。

リピーターの方の声で、
「終わるとほら景色が違う」っていうのが、
体験した人なら、よく分かると思います。

断食について、早稲田大学の教授の熊野先生のコメントです。

「おなかが空くと頭でっかちになりがちな大脳皮質の働きが抑えられ、
その奥にある感情や生命維持をつかさどる脳の働きが高まって、
目が覚めてくるのだ。」

コメントをどうぞ