『 やすらぎ通信 』 第393号 【 糖質とインスリン 】

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

『 やすらぎ通信 』  第393号 週刊 2012.4.27

~ 断食のプロが教える・からだをリセットする方法 ~
やすらぎの里・ホームページ http://www.y-sato.com/
高原館・ホームページ http://www.y-sato.com/kougenkan/
日記ブログ http://plaza.rakuten.co.jp/ysato/

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

伊豆高原は、しとしと降る雨の朝。

この時期の雨は、
ひと雨ごとに緑を深くしていきます。

雨が上がって、外に出ると、
森が深まったのを感じるんですよね。

明日のGWからは、いい天気になるみたいなので、
気持ちのいい散歩が楽しめそうです。

藤の花が咲き出した伊豆高原から、
やすらぎ通信をお送りします。

【目次】 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】糖質とインスリン

【2】ブログで紹介されています

【3】寄せ書きから

【4】編集後記

■ やすらぎの里の空き室状況はこちら
http://www.y-sato.com/267.html

■ 高原館の空き室状況はこちら
http://www.y-sato.com/kougenkan/price.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【1】糖質とインスリン
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

前回は糖質依存についてと、
糖質依存チェックリストを取り上げましたが、
今回は、糖質に依存する理論的な解説です。

甘いものやご飯、パン、
麺類などの炭水化物のものを食べると、
胃で消化されて、ブドウ糖になって、
腸から血管の中に吸収されます。

血液中に入ったブドウ糖は肝臓に入り、
グリコーゲンという固まりになって、
脳を働かせたり、筋肉を動かすエネルギーになります。

使い切れずに余った糖は、
すい臓から出るインスリンの働きで、
中性脂肪に変えられ、体に蓄えられます。

インスリンは余った糖を中性脂肪に変える働きがあるので、
別名肥満ホルモンなんて言う先生もいるくらいです。

————————————————

糖質のものを食べ過ぎて、
常に血糖値が高い状態が続くと、
インスリンがたくさん出ることになります。

しだいに、インスリンを作っているすい臓が疲れて、
インスリンを出す働きが低下して、
血糖値が下げられなくなると、糖尿病になります。

逆に、インスリンはよく出ているけど、
調整がうまくいかず、
血糖値を下げすぎてしまう人もいます。

これが低血糖症といわれる病気で、
糖尿病と逆の状態です。

しかし、どちらも血糖値のコントロールが、
上手くいかないという意味では、
同じ病気といってもいいでしょう。

————————————————

人間は血糖値が上がると、脳がそれを認識して、
満腹だから食事を終わりにしようと合図を出します。

ところが、甘いものを食べ続けていると、
血糖値の感受性が鈍くなってきます。

血糖値は上がっているのに、満腹を感じにくいので、
たくさん食べ続け、さらに感受性が鈍くなる。

こうして、甘いものをいくらでも食べられるようになり、
食べすぎが日常的になっていきます。

————————————————

糖質依存は、自分で改善しようと思っても、
甘いものが溢れている世の中では、
なかなか難しいものです。

自分では無理という方におすすめなのが、
糖質制限食のコース。

断食ではなく、たっぷり量もある、
美味しい食事を食べながら、
糖質依存を改善して、脂肪代謝のいい体を作るコースです。

■ 糖質制限食コース
http://plaza.rakuten.co.jp/ysato/diary/201201160000/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【2】ブログで紹介されています
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

リピーターのゲストのみなさんが、
滞在を終えて、ブログで紹介してくれています。

やすらぎの里を始めて、今年で17年。

少しずつ、みなさんの口コミで広がって、
GWのようなハイシーズンは、
ほとんどが、毎年来てくれているリピーターの方です。

何度も来てくれるリピーターの方に、
ちょっと変りましたねと言ってもらいたくて、
少しずつバージョンアップしてきたのが、
17年蓄積して、大きな力になっています。

やすらぎの里は、リピーターの方に育てられているんだって、
本当にありがたいな~って思います。

今回、紹介してくださったのは、
音楽作家の加藤浩子さん。
もう、12年前からのリピーターの方です。

■ 加藤浩子の La bella vita(美しき人生)
http://plaza.rakuten.co.jp/casahiroko/diary/201204230000/

加藤さんは、たくさんの本を出されていますが、
僕が一番好きな本は、「人生の午後に生きがいを奏でる家」

ヴェルディーの建てた、音楽家のための老人ホーム「憩いの家」
こんな老後があるんだって思うと、老後に希望が持てます。

僕も自然食やヨガが好きな人のための老人ホームでも作ろうかな。

■ Hirokoの~憩いの家~へようこそ
http://www.casa-hiroko.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【3】 寄せ書きから
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

やすらぎの里では来ていただいた方がお帰りの際に、
寄せ書きを書いてもらっています。

滞在中の感想から感謝の声まで、
すべてスタッフみんなの活力になっています。

その中の一部をご紹介させていただきます。

————————————————

心のこもった、みなさんのおもてなしに、
じんわり、ほっこり癒されました。

みなさんの優しさに触れ、
自分を取り戻していくうちに
今度は自分が大切にしたい人たちのことを
思うようになりました。

帰ったら、ここで頂いたやすらぎを分けてあげられるように、
優しい気持ちで過ごしていきたいです。

本当にありがとうございました。
今度は、大切な人と来たいです。

30代 女性

————————————————-

人生の大きな区切りを迎え、
これからの人生を考える中、
何が大切か基本をつかめた気がします。

ほんとうにありがとうございました。

60代 男性

■ やすらぎの里の体験談
http://www.y-sato.com/266.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【4】 編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

明日からGWが始まりますね。
やすらぎの里は、リピーターの方で満室です。

いつもこの時期に来ている方も多いので、
「今年もお会いしましたね~」なんてことも多く、
楽しそうにお話しているのを見ると、
とっても嬉しいです。

天気もいいみたいなので、
みなさんもいいリフレッシュになれると思います。

僕もこの気持ちのいい季節を満喫しよう。

■ 大沢の日記ブログ
http://plaza.rakuten.co.jp/ysato/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ お問い合わせ
▼やすらぎの里 TEL 0557-55-2660 
電話受付時間 (AM9:00~PM9:00)
【 ご意見・ご感想をいただければうれしいです 】
izu@y-sato.com
【 お申し込みはこちら 】
http://www.y-sato.com/293.html  
【 日記ブログ 】
http://plaza.rakuten.co.jp/ysato/ 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コメントをどうぞ