『 やすらぎ通信 』 第420号 【 糖質制限食の注意点 】

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

『 やすらぎ通信 』  第420号 週刊 2012.11.2

~ 断食のプロが教える・からだをリセットする方法 ~
やすらぎの里・ホームページ http://www.y-sato.com/
高原館・ホームページ http://www.y-sato.com/kougenkan/
日記ブログ http://www.y-sato.com/diary/

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

伊豆高原はすっきり晴れて、
澄んだ青空が広がっています。

今の時期は、朝ヨガをやっているときに、
朝日が広間に差し込んでくるので、
文字通りの太陽礼拝になっています。

その後に、朝日感じながらする瞑想も気持ちいい。

大島がきれいに見えている伊豆高原から、
やすらぎ通信をお送りします。

【目次】 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】糖質制限食の注意点

【2】糖質制限食レシピ
「おから蒸しパン」

【3】寄せ書きから

【4】編集後記

■ やすらぎの里の空き室状況はこちら
http://www.y-sato.com/vacancy.html

■ 高原館の空き室状況はこちら
http://www.y-sato.com/kougenkan/price.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【1】糖質制限食の注意点
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

冬は糖質制限食が、効果が出やすい時期です。
そこで、今週も糖質制限食について取り上げます。

カロリーを制限する食事法に比べると、
我慢しないで続けやすい糖質制限食ですが、
無理なく続けるために、次の点に注意しましょう。

———————————————-

1、 たんぱく質や脂質をしっかり摂り、
カロリー不足にならないようにする。

食事で糖質を減らすだけだと、
カロリー不足になってしまうので、
長く続けられません。

糖質制限食が続かないほとんどの理由が、
たんぱく質や脂質が少ないことによるカロリー不足です。

———————————————–

2、野菜をたっぷり食べる。

炭水化物を制限すると、
水溶性の食物繊維が不足して、
便秘になる場合があります。

野菜をたっぷり食べることで、
食物繊維がしっかり摂れて、
腸内の大掃除にもなります。

———————————————–

3、魚や豆製品も積極的に摂る。

たんぱく質をお肉からだけ摂っていると、
悪玉コレステロールになりやすい、
飽和脂肪酸が多くなりがちです。

お魚や豆製品(豆腐、納豆、豆乳)をしっかり摂ることで、
不飽和脂肪酸の割合が増え、
悪玉が抑えられ、善玉コレステロールが増えてきます。

———————————————–

4、主食の代わりになるものを見つける。

お酒を飲む人だったら、慣れていると思いますが、
飲まない人にとって、
主食のない食事って寂しいものです。

おかずだけだと、味が濃いものばかりで、
やっぱりご飯が欲しくなる方も多いです。

そんな方は、炭水化物以外の
主食になるものを見つけると楽です。

僕の場合は、炭水化物を摂らないときは、
豆腐が主食になっています。

おかずとして食べるのではないので、
お醤油をかけたりせず、そのまま食べます。

夏はそのまま冷奴で、
冬は温めたり、お鍋にたくさん入れたりして、
毎日たくさん食べています。

■ 食養生コース
http://www.y-sato.com/course.html#diet

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【2】糖質制限食レシピ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●おから蒸しパン

電子レンジで手軽にできる、
低糖質の蒸しパンです。

おからパウダーを使っているので、
糖質も少なく、食物繊維もたっぷりなので、
たくさん食べても大丈夫。

パンや甘いものが好きで、つい食べ過ぎてしまうという方や
便秘の人におすすめです。

乾燥のおからは水分をたくさん吸着するので、
食べるときは、たっぷりの水分を取るようにしましょう。

おからパウダーはインターネットで手軽に購入できます。

———————————————–

●材料

おからパウダー 50g、卵 2個、豆乳 150ml、
ベーキングパウダー小さじ1、オリゴ糖20g、バニラエッセンス 数滴

———————————————–

●作り方

1、おからパウダーとベーキングパウダーをよく混ぜる。

2、残りの材料をボールに入れて混ぜる。

3、700ml位のタッパー容器に入れて、底をしっかりたたき
表面をならす。

4、容器の蓋をずらしてのせ、レンジで5分(500W)加熱する。
串でさし、生地がついて来なければOKです。

5、容器から取り出し、蓋の上にひっくり返して置いて、
粗熱を取ります。

※ 卵の大きさやパウダーの種類により、
生地の固さが変わるので、
固いようであれば豆乳を足してください。

※好みで豆乳を牛乳にしたり、ヨーグルトにしたり、
ココアや抹茶、クルミを入れたりすると、
いろんな味が楽しめます。

■ 食養生コース
http://www.y-sato.com/course.html#diet

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【3】 寄せ書きから
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

やすらぎの里では来ていただいた方がお帰りの際に、
寄せ書きを書いてもらっています。

滞在中の感想から感謝の声まで、
すべてスタッフみんなの活力になっています。

その中の一部をご紹介させていただきます。

———————————————-

心と身体のリセットには欠かせない、
やすらぎの里です!

ここに来ると本当に、心から癒され、
何ものにも代え難いリラックスを味わうことができます。

やすらぎの里の優しさに感謝です。

また、帰ってきますので、
よろしくお願いします。

40代 女性

———————————————–

今回で2回目の参加ですが、
いつも最年長です。

こんなにリフレッシュができるなんて・・・。
長生きしていて良かったと思います。

優しい先生、行き届いたスタッフの皆様。
本当に感謝しています。
ありがとう!

70代 女性

■ やすらぎの里の体験談
http://www.y-sato.com/266.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【5】 編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回、レシピを紹介した「おから蒸しパン」

糖質制限食をやっている人でも
安心して食べられるおやつはないものかと、
調べていて見つけました。

糖質制限食をやっている人だけではなく、
妊婦さんやダイエットしている人にも、
カロリーも少なく、食物繊維も多いので、
人気があるみたいです。

僕もこの間、作って食べたんですが、
食べた次の日、大量のお通じがありました。
(食事中に見ている人がいたらすみません(^^;)

糖質制限食を始めてから、
便の量が少なくなっているのは気になっていました。

それが、久々にすっきり~!
やっぱり、出るものがしっかりでると気持ちいい。

僕は気に入っていますが、
かみさんは、もそもそして、
口の中の水分が取られるから得意じゃないみたい。

いろいろアレンジもできるみたいなので、
トライしてみて、いいレシピがあったら、
また紹介しますね。

■ やすらぎ日記
http://www.y-sato.com/diary

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このメールマガジンは、やすらぎの里のホームページから、
メールマガジンにご登録いただいた方、
無料メール講座にご登録いただいた方へお送りしています。

登録を解除したい場合は、
お手数ですが、下記のページにて登録の解除をお願いします。

解除ができない場合は、解除したいアドレスから、
メルマガ登録解除希望と記入して、お送り下さい。
すぐに、登録を解除させていただきます。

■ メルマガの登録と解除
http://www.y-sato.com/mailadvice.html

“『 やすらぎ通信 』 第420号 【 糖質制限食の注意点 】” へのコメントはありません。

  1. 篠田  典子

    (^。^)/こんにちは  千葉は随分冷えています

    9月にお世話になりました篠田です
    ボリュウム99通信ありがとうございました!
    と云うことは次回、記念すべき100回ですね。
    何かうれしいですね(^O^)おめでとうございます

    帰宅してすぐにごぼうと大豆のハンバーグ、擬製豆腐キッシュを作りキッシュは大きく作ったのでとっておいたら、息子のおやつに取られるほど好評!!

    菓子パンより”上等なおやつですから”

    今回も素敵なレシピと糖質制限ありがとうございました。またお会いできる日を楽しみにしています。

    なんといっても個室が満室なので、、、

    スタッフの皆様も健康にお過ごし下さい   篠田       

    1. やすらぎの里

      篠田さん

      そうなんです。もう少しで100号です。
      コツコツ17年間続けて、ようやく100号です。

      ごぼうと大豆のハンバーグと犠牲豆腐とキッシュも作ったんですね。
      えらい!

      また、レシピアップしますからね~。

      大沢

コメントをどうぞ