『 やすらぎ通信 』糖尿病における炭水化物摂取について

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

『 やすらぎ通信 』  第440号 週刊 2013.3.22

~ 断食のプロが教える・からだをリセットする方法 ~
やすらぎの里・ホームページ http://www.y-sato.com/
高原館・ホームページ http:/ /www.kougenkan.com/
日記ブログ http://www.y-sato.com/diary/

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

伊豆高原は、気持ちのいい青空が広がってきました。

このところの暖かさで、桜の開花が一気にすすみ、
駅前から続く桜並木も5分咲き位、
中には、満開になっている木もあります。

桜以外にも、真っ白な雪柳や黄色のレンギョウも、
きれいに咲いて、あっちもこっちも花盛り。

外を歩くのが気持ちのいい季節ですね~。

春爛漫の伊豆高原から、
やすらぎ通信をお送りします。

【目次】 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】糖尿病における炭水化物摂取について

【2】おすすめの本
「糖尿病がどんどんよくなる糖質制限食」

【3】寄せ書きから

【4】編集後記

■ やすらぎの里の空き室状況はこちら
http://www.y-sato.com/vacancy.html

■ 高原館の空き室状況はこちら
http://www.y-sato.com/kougenkan/price.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【1】糖尿病における炭水化物摂取について
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先日、食事療法に関する日本糖尿病学会の提言が、
新聞に大きく取り上げられていました。

その中で、糖質制限に関するところは、
下記の内容です。

———————————————-

「糖尿病における炭水化物摂取について」

肥満の是正は、
糖尿病の予防ならびに治療において、
重要な意義を有する。

体重の適正化を図るためには、
運動療法とともに積極的な食事療法を指導すべきであり、
総エネルギー摂取量の制限を最優先とする。

総エネルギー摂取量を制限せずに、
炭水化物のみを極端に制限して減量を図ることは、
その本来の効果のみならず、
長期的な食事療法としての遵守性や安全性など、
重要な点についてこれを担保するエビデンスが不足しており、
現時点では薦められない。

特に、インスリン作用が著しく不足した状態において想定される、
体たんぱく異化亢進などの栄養学的問題は、
これを避けなければならない。

一方で、先に述べたように、
体重を効果的に減量させるための一つの手段として、
炭水化物摂取量について論議がなされている。

しかし、欧米の研究においては、
対象となるBMIは30~35以上のことが多く、
肥満度の異なる日本人の糖尿病の病態に立脚した、
適正な炭水化物摂取量については、
いまだ十分なエビデンスが揃っているとは言えない。

社会的なコンセンサスを得る上においても、
今後、日本糖尿病学会として、
積極的に調査・研究の対象とすべき課題である。

———————————————-

実は、以前から、日本糖尿病学は、
糖質制限食には批判的な見解でした。

しかし、この頃、糖質制限食を取り入れて、
効果を上げている先生が増えたため、
以前よりも、批判的なトーンは下がってきた感じです。

世界の糖尿病の食事療法の流れを見ると、
カロリー制限では、糖尿病の改善に効果が出にくいので、
糖質をしっかり制限するという方向です。

今だにカロリー制限のみで、
糖質の制限をきっちりしていないのは日本くらいです。

確かに、どんな食事法でも、
カロリーを無制限に摂る食事がいいとは思えません。

ただ、カロリーだけを抑える食事法は、
食の誘惑が多い日常の中で、
苦労が多い割には効果の出にくい方法です。

———————————————-

現状で、糖尿病の方に、理想的だと思われる方法は、
最初の1ヶ月、きっちり糖質制限食をして、
その後は、その方の状態に合わせて、
無理なく続けられる、
低糖質でバランスの取れた食事を続ける。

やすらぎの里の食養生のコースが、
まさに、この食事内容です。

さらに、自然の中での散歩や体操などの運動、
筋肉のコリをほぐしたり、血液循環を改善する施術、
早寝早起きの規則正しい生活、
日常のストレスから離れた、静かな環境。

やすらぎの里での滞在は、
糖尿病に限らず、生活習慣やストレスが関係ある、
すべての病気の改善に効果があると考えています。

■ 食養生コース
http://www.y-sato.com/course.html#diet

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【2】おすすめの本
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「主食を抜けば糖尿病は良くなる」
江部康二著 東洋経済新報社

今では、糖質制限食のバイブルのようになっている本です。

糖質制限食って、一般的な食事法からすれば、
極端に感じる方法です。

実は、僕もこの本を買ってから、
2年くらいは、興味をもちませんでした。

低血糖症の食事として有効ではないかと、
関心をもって勉強すると、
納得できることがたくさんあり、
自分で試してみて、2年経ちました。

ただ、主食を食べないということではなく、
その科学的な根拠や目的もしっかり理解してほしいです。

■ やすらぎの里の食養生
http://www.y-sato.com/diet.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【3】 寄せ書きから
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

やすらぎの里では来ていただいた方がお帰りの際に、
寄せ書きを書いてもらっています。

滞在中の感想から感謝の声まで、
すべてスタッフみんなの活力になっています。

その中の一部をご紹介させていただきます。

———————————————-

花粉症や肌荒れが落ち着き、
食べるものと生活習慣で、
こんなに変わるのかと驚いています。

それもこれもスタッフのみなさんが、
支えて下さったおかげです。
一週間、本当にありがとうございました。

20代 女性

———————————————–

自分はストレスがたまっていないと思っていたけど、
ここにいて、体中の疲れが取れて、
リフレッシュされました。
内臓も心も体も、ヴァカンスが必要ですね。
スタッフの皆さん、本当にありがとうございます。

40代 女性

■ やすらぎの里の体験談
http://www.y-sato.com/266.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【5】 編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

伊豆高原は桜並木がたくさんあります。

有名なのは、駅前から3~4kmも続く桜並木。
満開の頃には、桜のトンネルになり、見事な景色です。

それ以外にも、いろんなところに桜並木がありますが、
ほとんどのところは、見物客もいなく、
ひっそりと咲いています。

そんな、誰もいない桜並木を
ぶらぶら散歩するのが、休日の楽しみ。

伊豆高原は来週が見ごろになりそうです。

■ やすらぎ日記
http://www.y-sato.com/diary

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2005 (C) Yasuraginosato

このメールマガジンは、やすらぎの里のホームページから、
メールマガジンにご登録いただいた方、
無料メール講座にご登録いただいた方へお送りしています。

登録を解除したい場合は、
お手数ですが、下記のページにて登録の解除をお願いします。

解除ができない場合は、解除したいアドレスから、
メルマガ登録解除希望と記入して、お送り下さい。
すぐに、登録を解除させていただきます。

■ メルマガの登録と解除
http://www.y-sato.com/mailadvice.html

コメントをどうぞ