『 やすらぎ通信 』 風邪を経過する

 
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

『 やすらぎ通信 』 第474号 週刊 2013.11.15

~ 断食のプロが教える・からだをリセットする方法 ~
やすらぎの里・ホームページ http://www.y-sato.com/
高原館・ホームページ http://www.y-sato.com/kougenkan/
日記ブログ http://www.y-sato.com/diary/

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

伊豆高原は、朝は晴れていましたが、
雲が多くなってきました。
午後からは雨の予報。

今日は気温があまり上がらないようなので、
冷えないように、
温かくしてお過ごしください。

木々の葉が色づいてきた伊豆高原から、
やすらぎ通信をお送りします。

【目次】 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】風邪を経過する

【2】おすすめの本
「風邪の効用」

【3】寄せ書きから

【4】編集後記

■ やすらぎの里の空き室状況はこちら
http://www.y-sato.com/vacancy.html

■ 高原館の空き室状況はこちら
http://www.y-sato.com/kougenkan/price.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【1】風邪を経過する
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今年は気温の変動が大きいので、
体調を崩している人が多いようです。

この間までは、暑いくらいだったのが、
このところ、暖房がないと寒いくらいですからね。

こんなときは、
風邪引かないようにしてくださいね。

首の周りに、何か巻いたり、
下半身を冷やさないようにしてください。

そんなこと言っても、
もう会社に来てるし・・・。

そんなときは、ちょこちょこ動く。

足先を上下に動かすだけでも、
ふくらはぎの筋肉の運動になるので、
少しは違いますよ。

——————————————————

家に帰って、
なんか寒気がするなって思ったら、
首の付け根を温めます。

首の付け根には、風門という、
風邪のツボがあります。

ここから風邪(ふうじゃ)が入ってくると、
背筋がぞくぞくっとするのです。

そんなときに、風門を温めてあげると、
冷えていた体が温まってきて、
風邪が抜けていきます。

てっとり早いのは、張るカイロ、
なかったら、ドライヤーで温めます。

そして、温かいもの食べて、
温かくして、ぐっすり寝れば、
体がリセットされて、
風邪引く前よりすっきりしますよ。

これが、風邪の正しい経過の仕方。

風邪を使って、
日ごろの疲れもとってあげましょう。

■ やすらぎの里の断食
http://www.y-sato.com/message.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【2】おすすめの本
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「風邪の効用」
野口晴哉著 ちくま文庫

整体の大家、野口晴哉の代表作。

風邪は治すべきものではなく、
経過するものである。

自然な経過を乱しさえしなければ、
風邪をひいた後は、
あたかも蛇が脱皮するように、
新鮮な体になると説く。

風邪を例えに、
病気というものの本質を解く。

まだ、東洋医学を目指したばかりの頃、
この本にどれだけ影響を受けたことか。

多くの東洋医学を志す人の
バイブルのような本です。

■ 糖質制限食コース
http://www.y-sato.com/course/low-carbohydrate.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【3】 寄せ書きから
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

やすらぎの里では来ていただいた方がお帰りの際に、
寄せ書きを書いてもらっています。

滞在中の感想から感謝の声まで、
すべてスタッフみんなの活力になっています。

その中の一部をご紹介させていただきます。

———————————————-

断食なんてとんでもない!と
断り続けていた私ですが、
考えがガラッと変わった一週間でした。

今までの生活を反省する毎日。

先生やスタッフの皆様、
他の方たちと触れ合え、
楽しい毎日が過ごせました。

本当にありがとうございました。

50代 女性

———————————————–

初めてのやすらぎの里。
とってもリラックスできました。

施設内でゆっくり過ごすのかと思いきや、
散歩やバスツアーにも行かせていただいて、
本当に楽しむことができました。

次回はぜひ、父母も連れてきたいと思いました。
ヨガも学ぶことができて、よい経験でした。

素敵な一週間をありがとうございました。
お仕事がんばりま~す。

20代 女性

■ やすらぎの里の体験談
http://www.y-sato.com/266.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【4】 編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

高校時代の友人から連絡来て、
友達が亡くなったとのこと。

くも膜下出血だったようです。

みんなと会いたいけど、
仕事が忙しくて、
みんなと会いたいけど、
時間が取れないと言っていたようです。

まだ、48歳。

本人も奥さんも何で・・・って、
思っているでしょう。

もし自分がそうなったら、
そうなると分かっていたら。

何をするのだろう。

みんなに会って、
今までのお礼を言いたい。

そして、普段通りの毎日を心を込めて、
丁寧に生きる。

家族や仲間とゆっくり話し、
食事を味わって食べ、
ヨガをやって瞑想する。

亡くなった友達のためにも、
生かされていることを大切に、
毎日を丁寧に生きよう。

大沢

■ やすらぎ日記
http://www.y-sato.com/diary

2005 (C) Yasuraginosato

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このメールマガジンは、やすらぎの里のホームページから、
メールマガジンにご登録いただいた方、
無料メール講座にご登録いただいた方へお送りしています。

登録を解除したい場合は、
お手数ですが、下記のページにて登録の解除をお願いします。

■ メルマガの登録と解除
http://www.y-sato.com/mailmaga.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コメントをどうぞ