『 やすらぎ通信 』 心を開く

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

『 やすらぎ通信 』 第533 週刊 2015.2.3 

~ 断食のプロが教える・からだをリセットする方法 ~
やすらぎの里・ホームページ http://www.y-sato.com/
高原館・ホームページ http://www.y-sato.com/kougenkan/
日記ブログ http://www.y-sato.com/diary/

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

こんにちは、やすらぎの里の大沢です。

伊豆高原は青い空が広がる、
気持ちのいい朝です。

今日は節分ですね。
冬と春の季節を分ける日。

今が寒さの底で、
これからは少しずつ春に向かっていくよ。
そんな日です。

今がどんなに辛くても、
その先に暖かな光があると分かったら、
希望があるから、がんばれる。

自分の気持ちの区切りにするにも、
とってもいい日だと思います。

明日は立春。
暦の上だけかもしれないけど、
春は着実に近づいてきています。

熱海桜がきれいに咲いている伊豆高原から、
やすらぎ通信をお送りします。

【目次】 ━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】心を開く

【2】やすらぎのレシピ
「ぶり大根」

【3】寄せ書きから

【4】編集後記

■ やすらぎの里の空き室状況はこちら
http://www.y-sato.com/vacancy.html

■ 高原館の空き室状況はこちら
http://www.y-sato.com/kougenkan/vacancy.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【1】心を開く
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先週の土日の1泊2日、やすらぎの里で
「子宝リトリート」がおこなわれました。

漢方の薬剤師で不妊カウンセラーをしている、
堀江さんとやすらぎの里のコラボ企画でした。

僕は子宝ヨガを担当していて、
それ以外の時間はプログラムに参加させてもらいました。

——————————————-

プログラムの最初に、
これまでの一年を振り返るワーク。

この一年をひと言で表すと、
どんな言葉になるでしょう?という質問に。

「迷いの一年」と答えた僕。

やっていることは、
そんなにブレてなかったけど、
考えていることは、
迷いだらけの一年だったな。

それがこのワークで、
ボロッと出てきた。

そうだ、
俺は迷っていたんだ・・・。

迷っていたから、
いろんなことを決められなかった。

何でもすぐに決めて行動する方なので、
迷っている自分を
認めたくなかったのかもしれません。

それが、なんかこの場では、
素直に認められた。

堀江さん自身が心を開いて話しているから、
僕も知らずに、心が開けたんだな。

——————————————-

翌日、高原館で面談があって、
たまたま、不妊で悩んでいる方がいました。

普段なら、生活のアドバイスをひと通りして、
サクッと終わるのが、
この時は、同じ仲間なんだって感じがしたんです。

先生とクライアントという上下の関係ではなくて、
迷いを抱えている仲間って感じ。

そしたら、ゲストの方も
とても心を開いて話してくれて。

いつもよりも、
ずっと深く話ができた気がしました。

うれしかったな~。

相手と本音で向き合いたかったら、
まず自分が心を開く。

そんなことを感じたリトリートでした。

——————————————-

堀江さんの思いがギュッと詰まった、
「子宝リトリート」

また、秋以降に開催したいと考えています。
詳しい日程が決まったら、
HPやメルマガで紹介しますね。

■ 縁結び出雲の子宝ブログ
http://ameblo.jp/crouching-tiger/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【2】やすらぎのレシピ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

調理スタッフ浜田です。

おでんやふろふき大根にしても美味しい大根。

使い道もいろいろで、
大いに活躍してくれる食材です。 

消化酵素であるジアスターゼが豊富なので、
お肉やお魚を頂く時は意識して摂りたいですね。

やすらぎの里で大根を使った料理といえば、
ふろふき大根、大根のポタージュ、サラダ、
お味噌汁、お漬物と種類が豊富ですが、
やはり寒い時は温かい料理が恋しくなりますよね。

火を通したものとフレッシュな生のもの、
バランス良く頂くのが理想です。

ぶり大根は、魚から出る出汁が、
大根に染み込んで美味しいものです。

やすらぎの里のぶり大根は、
一般のものより薄味に感じられるかもしれませんが、
しみじみ美味しいですよ。

——————————————-

「ぶり大根のレシピ」

●材料(4人分)
大根(太めのもの) 1/2本
ぶりの切り身4切れ(アラがあれば入れると良い)
生姜   1/3かけ
二番だし 700cc
酒    100cc
みりん  100cc
濃口醤油 500cc
 
●作り方
1、大根は乱切りにし、
水から竹串がスッと入るまで茹で、ざるにあげておく。

2、ぶりを一口大に切り、大根の茹で汁をゆっくりとかけ回し、
水を流しながらウロコを取る。

3、調味料を合わせる。(ややしっかり目の味付け)
生姜をスライスしたもの、大根を加え火にかける。

4、汁が沸いたら、ぶりを入れて7分位煮る。

■体で覚える食養生
http://www.y-sato.com/diet.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【3】 寄せ書きから
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

やすらぎの里では来ていただいた方がお帰りの際に、
寄せ書きを書いてもらっています。

滞在中の感想から感謝の声まで、
すべてスタッフみんなの活力になっています。

その中の一部をご紹介させていただきます。

——————————————-

TVでやすらぎの里を見て、
3か月前に予約をしました。

来てみて、食のありがたさ、
味覚のリセット、自然の中での運動、
日常から離れて、リフレッシュできました。

朝ヨガのときの先生の笑顔、
一緒に共に過ごしたみなさんとの時間。

心も体もパワー全開で仕事に励めます。
本当にありがとうございました。

40代 女性

——————————————–

今回、初めてやすらぎの里に来ました。
ずっと、何年も前から来たくて、
今回ようやく来ることができました。

断食なんて私にできるのか?
と思っていましたが、
確かにお腹は空くけど、
大丈夫なんだと分かりました。

また来たいです。
ありがとうございました!

30代 女性

■ やすらぎの里の体験談
http://www.y-sato.com/voice.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【4】 編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回、子宝リトリートに加わってみて、
改めて、やすらぎの里の魅力がよく分かりました。

海と山がある自然環境、静けさ、
美味しい食事、心まで温まるような温泉、
海から上る朝日、輝く海、星空。

この環境の中だったら、
自然に人はゆるんで、笑顔になる。

そんな中で仕事出来ていることって、
ありがたいな~って、感じています。
(^人^)

■ やすらぎ日記
http://www.y-sato.com/diary

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コメントをどうぞ