『 やすらぎ通信 』内臓の休息 

『 やすらぎ通信 』 第699号 2018.8.21

~ 断食の専門家が教える
心と体のリセット法 ~

やすらぎ通信の登録・解除はこちらから↓
やすらぎ通信

■━━━━━━━━━■

こんにちは、
やすらぎの里の大沢です。

伊豆高原は雲の間から陽が差し、
優しい風が吹く気持ちのいい天気。

テラスでは、
この夏2回目のサマーカットになったソラ君が、
気持ちよさそうに、お昼寝しています。

サマーカットのソラ君

お盆の期間が過ぎ、
国道や観光地も日常に戻り、
静かになった伊豆高原から、
やすらぎ通信をお送りします。

【目次】━━━━━

【1】内臓の休息

【2】やすらぎのレシピ
「ラタトイユ」

【3】寄せ書きから

【4】編集後記

■ やすらぎの里の空き室状況はこちら

━━━━━━━━━━━
【1】内臓の休息
━━━━━━━━━━━

お盆休みは、
どのように過ごしたでしょうか。

旅行に行ったり、
旅行に行かないから、
せめて美味しいものでも食べに行こうか。

何かと飲み食いする機会も
多かったのではないでしょうか。

身体も頭も内臓も、
使い過ぎたら、休ませましょう。

今回は、断食の大きな効果、
「内臓の休息」についてのお話しです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「内臓も疲れる」

普段、食べ過ぎ、飲み過ぎの方は、
それを消化吸収するために、
普段よりたくさん動かなければいけません。

使い過ぎているところは、
炎症を起こしたり、
粘膜が傷ついたりします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「消化液の量」

例えば、胃や腸は、食べ物を消化するために、
たくさんの胃液や腸の粘液を出します。

その量は一日に、
5~6リットルほどにもなると言われています。

それ以外にも、
膵臓から膵液、胆のうから胆汁が、
合わせて1~2リットル。

これは、普通の食事をしている人の量ですから、
たくさん食べている人は、
その倍以上の消化液を分泌することになります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「オーバーヒートで炎症が」

消化液をたくさん出すために、
休みなしにフル回転で動いていると、
内臓に炎症が起こってきます。

胃炎、腸炎、すい炎、胆のう炎、肝炎、
いずれもオーバーヒートの状態ですから、
休ませてあげると、炎症がおさまってきます。

はちゃめちゃな芸人さんが、
飲み過ぎや食べ過ぎで、
急性膵炎になって入院することがあります。

このときの治療が「絶食」

飲み食いせずに、すい臓を休めて、
炎症が静まるのをひたすら待ちます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「胃腸の粘膜の修復」

食べたものは、胃の蠕動運動で消化され、
腸の粘膜にこすり合わさるようにして吸収されます。

たくさんの食べ物が粘膜とこすり合わさると、
粘膜が荒れてきて、これも炎症の原因になります。

近年、遅延性アレルギーの原因として、
リーキーガットという、腸の細かい傷から、
しっかり消化されていない食べ物が、
しみ込んでいることが問題視されています。

粘膜の傷を修復させるためにも、
食べ物を入れないで、
休ませてあげることが有効です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

内臓の慢性炎症や粘膜の慢性炎症は、
長期間続くと癌などの原因に、
なるとも言われています。

断食で内臓を休めてあげることは、
食べ過ぎで疲れた胃腸を休ませるだけに限らず、
長期的に見れば、内臓の炎症性疾患や
癌の予防効果もあるのです。

■ 断食について

━━━━━━━━━━━
【2】やすらぎのレシピ
━━━━━━━━━━━

「ラタトイユ」

本館キッチンスタッフの小長谷です。
八月も後半になり、暑さもあと少し。

今回は夏野菜を使った、
ラタトイユをご紹介します。

ラタトゥーユ

<材料>

トマト       中3ケ
パプリカ 赤.黄色  各1/2ケ
なす        中2本
ズッキーニ     1/2本
南瓜        2cm角 15ケ
ローリエ      1枚
ニンニク      1方
オリーブオイル   大さじ2
塩         小さじ1/4
黒粒コショウ    少々

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<作り方>

1、トマトを湯むきして、1cm角くらいにざく切る。

2、鍋にオリーブオイルを大さじ2くらいひき、
みじん切りにしたニンニクを、焦がさないように色づく位炒める。

3、ローリエ、トマトを入れ、蓋をしてクツクツ、
弱めの中火で10分煮る。

4、塩小さじ1/4、黒粒コショウで味を付け10分煮る。

5、パプリカを入れ、10分煮て、
なす、南瓜、ズッキーニを入れて、15分煮る。

※少しのお塩とコショウのみのシンプルレシピですが、
とっても美味しいです。

■ やすらぎの食事

━━━━━━━━━━━
【3】寄せ書きから
━━━━━━━━━━━

やすらぎの里では、
来ていただいた方がお帰りの際に、
寄せ書きを書いてもらっています。

滞在中の感想から感謝の声まで、
すべてスタッフみんなの活力になっています。

今回は8月12日から6泊7日で、
本館に滞在されたみなさんの声です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨年も同じ時期に滞在した、
リピーターの方も多く、
最初から盛り上がって楽しい週でした。

花火大会を見に行ったり、星空を眺めたり、
海に行ったり、花火もしたり、
大人の夏休みを存分に満喫してもらいました。

大人が子供の心を取り戻す、
心と体を蘇らせるリトリートです。

大沢

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「リセットできました」50代 女性

この一年に蓄積された無駄なものを落として、
リセットすることができました。

今回の学びは「動かすこと」「感じること」

ここで学んだことが、だんだん薄れ、
完全に忘れたころに来るので、
再確認し、またやろうという気になります。

今回もリフレッシュできました。
ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「頭がクリアーに」40代 女性

2年前に高原館を利用して、
今度は長期で断食をしたいと思い、
本館を利用させてもらいました。

仕事を離れ4日目の断食中には、
頭がクリアーになり過ぎて、
新しいアイディアが出て、
結局新しい仕事が生まれて打合せしました。

食べないと頭が4倍速くらいで回ります。

ありがとうございました。
来てよかったです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「穏やかなのがいい」50代 女性

修行的ではなく、
スムージーやお味噌汁が出たり、
のんびり散歩したり、
穏やかなのがいいです。

今回もご一緒のみなさんに恵まれ、
はげまされて、無事に終わりました。

断食中、自分のことだけを考えていられたのも、
先生はじめ、スタッフのみなさんのおかげです。

帰ってからも体の声を聞きながら過ごします。
ありがとうございました!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「星も見れて最高」40代 女性

6泊7日で長いと思っていましたが、
あっという間に過ぎてしまいました。
のんびりできてよかったです。

朝晩、規則正しく過ごすことの大切さ、
歩くことで気づく、自然の豊かさなど、
日常で見過ごしていたことを再発見できました。

花火見物は、星も見れて最高でした!
 
先生、スタッフのみなさん、
ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「自分のペースが取り戻せた」40代 女性

自分のやりたいことが、
本当はこれなんだということが、
さらにはっきりしたと思います。

いつも臆病な私を元気に前向きにして、
背中を押してくれるこの場所は、
温かい家族のようです。

目標にゆっくりと準備して、
自分のペースでやればいいんだと、
自分本来のペースが取り戻せました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「断食できる自信がなかった」20代 女性

断食できる自信がまったくなかったのですが、
場所もメンバーも良い方ばかりで、
楽しく過ごすことができ、
気づいたら一週間経っていました。

断食後の食事は、
自分では考えられないくらいの薄味でしたが、
とても美味しくて、味付けは濃くなくても、
美味しく感じられるんだと思いました。

帰ってからもがんばります!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ゆっくり目的に」50代 男性

「ゆっくり」を目的に来ましたが、
いつも通り、有意義な時間を過ごせました。

今回は自分自身を見る、知る、
ということの大切さを実感しました。

食事も最高でした。
一週間ありがとうございました!

■ やすらぎの里の体験談

━━━━━━━━━━━
【4】 編集後記
━━━━━━━━━━━

お盆を過ぎたころから、
急に涼しくなってきました。

暑い時期は、窓を閉め切って冷房でしたが、
涼しくなると、窓を開け放てるので、
外からの自然な風が気持ちいい♪

夜のヨガをやっているときは、
外からの虫の声がBGM。

窓からの涼しい風と、
虫の声が響き渡る中でやるヨガは、
ほんとうに心が静まります。

夏の終わりの少し寂し気な感じ、
好きなんだよな~。

大沢

■ やすらぎ日記

コメントをどうぞ