『 やすらぎ通信 』ふたつのリトリートの違いは? 

『 やすらぎ通信 』 第705号 2018.10.2

~ 断食の専門家が教える
心と体のリセット法 ~

やすらぎ通信の登録・解除はこちらから↓
やすらぎ通信

■━━━━━━━━━■

こんにちは、
やすらぎの里の大沢です。

伊豆高原は快晴。
真っ青な空が広がっています。

先日の台風の風、
すごかったですね~。

台風の進路からは離れていましたが、
伊豆高原でも暴風が吹き荒れました。

早朝、本館に向かう途中、
あちこちで木の枝が折れ、
吹き飛んだ葉っぱが散乱していた。

やすらぎの里は、
庭木が一本倒れたくらいで、
大きな被害はありませんでした。

朝のテラス

秋の澄んだ空気が気持ちいい伊豆高原から、
やすらぎ通信をお送りします。

【目次】━━━━━

【1】ふたつのリトリートの違いは?

【2】やすらぎの台所から
「さんまの味噌炒め煮」

【3】寄せ書きから

【4】編集後記

■ やすらぎの里の空き室状況はこちら

━━━━━━━━━━━
【1】ふたつのリトリートの違いは?
━━━━━━━━━━━

11月と12月に、瞑想リトリートがあります。

同じような名前なので、
どのように違うの?と、
聞かれることあるので、
その違いをお知らせしますね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ハート瞑想リトリート」

11月17日(土)の「ハート瞑想リトリート」は、
心理療法士の物部さんが講師でおこないます。

くまのプーさんのように穏やかで、
優しい声で誘導されるイメージ瞑想など、
いろんな瞑想が体験できます。

また、希望者はミニカウンセリングも受けられるので、
メンタルな悩みを抱えている方にもおすすめです。

物部さん

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「気づきの瞑想リトリート」

12月15日(土)の「気づきの瞑想リトリート」は、
僧侶で瞑想スタジオ「SOWAKA」を主催している、
入山文章さんが講師でおこないます。

僕(大沢)が、入山さんのブログを見ていて、
いろんな気づきを得ていて、会いたくなり、
瞑想スタジオにレッスンを受けに行ってきました。

瞑想に入る前に、お経を上げてくれるのですが、
まだ10代の頃に、実家で暮らしていた頃に、
法事でお寺に行っていた記憶が蘇り、
とても懐かしい気持ちになりました。
そしたら、子供の頃に戻ったように、
まっさらな素直な気持ちで瞑想できました。

レッスンの後にいろんな話を伺いましたが、
仏道を通して、自身の体験から出た話は、
瞑想後の心に、すっと染み込むようでした。

医療やスピリチュアルにはない、
仏道を通してのお話は、
日本人の心の深いところに響くな~っと実感。

普段の暮らしで、心が満たされないと、
感じている人におすすめします。

入山文章

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「どちらか選ぶポイント」

● 心理療法士に教わる・ハート瞑想リトリート
1,いろんな瞑想が体験できる
2,希望者はミニカウンセリングが受けられる
3,癒やされたい方、
メンタルな悩みを抱えている方におすすめ

● お坊さんに教わる・気づきの瞑想リトリート
1,仏教をベースにした、マインドフルネス瞑想が体験できる
2,仏教を通した、幸せに生きるための話が聞ける
3,心が満たされない、やすらぎを求めている方におすすめ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

どちらのリトリートも似ているようで違い、
違っているようで、目指しているところは同じ。

迷ったら、それぞれのブログを見て、
ピンと来た方に決めるといいですよ。

秋から冬にかけては、
心と向き合うには、とてもいい季節。

静かな伊豆高原の瞑想リトリートで、
自分の心を深く見つめてみませんか。

■ 物部さんのブログ「瞑想プーさん」

■ 入山文章さんのブログ「開運招福」

━━━━━━━━━━━
【2】やすらぎの台所から
━━━━━━━━━━━

「さんまの味噌炒め煮」

旬のさんまは、
塩焼きでも美味しいですが、
ここでは一味違った
さんまのお料理をご紹介します。

サンマの味噌炒め

<材料>4人分
さんま  4尾
長ネギ  1本
しめじ  1株

<合わせ調味料> 
みりん 大さじ1、 酒 大さじ1、 濃口醤油大さじ1/2
玄米味噌 大さじ1、 麦味噌 大さじ1/2
水 150cc、 生姜のすりおろし 適量

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<作り方>
1,さんまは頭と尾を落とし内臓を取り、半分に切る。
2,長ネギを斜め切りにしたものと、石づきを取ったしめじを炒める。
3,さんまをフライパンで焼き色が付くまでしっかりと焼く。
4,合わせ調味料と1を入れ、ひと煮立ちさせたら出来上がり。

■ やすらぎの食事

━━━━━━━━━━━
【3】寄せ書きから
━━━━━━━━━━━

やすらぎの里では、
来ていただいた方がお帰りの際に、
寄せ書きを書いてもらっています。

滞在中の感想から感謝の声まで、
すべてスタッフみんなの活力になっています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回は9月21日から高原館に
滞在した皆さんの声です。

断食は本当に自分に優しく
できるようになる手段の一つ。

ゲストの皆さんの声を聞くと
そう感じることが多いです。

体と心を整え、清々しく日常に戻っていく
皆さんがたくましかったです。

深澤

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「向き合う」 50代女性

食べることと真剣に向き合った4日間でした。

2年前の養生館に続き2度目の滞在でしたが
今日も自分自身と向き合うことができました。

もっと自分を大切にしようと思った4日間でした

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「母と夫と」 40代女性

来て良かったです!
そして母と夫を誘ってよかったと思います。

自分がいかに運動不足か改めて自覚しました。
そして体を良い状態にすること
心も良い状態にすることのコツを学びました。

せっかくのこのチャンスを活かして
自分で自分を大切にして
家族や周りの人々も大切にして
いこうと思っています。

スタッフの皆様どの方も素敵でした。
お世話になりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「帰りたくない」 20代女性

東京に帰りたくないと思いました。

自然豊かな場所で身体の声を聞き
必要なものだけを食べる生活が
とても心地よかったです。

断食反応もほとんどなく
自分の身体は丈夫だという気づきもありました。

また来たいと思える場所になりました。

今度は季節を変えてできれば
母か妹を誘って参加しようと思います。

4日間ありがとうございました。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「断食は平気」 50代女性

自宅に居ると断食など無理
と思っているのですが
ここに来ると不思議と平気で
もう1日くらい断食しても平気そうでした。

今日は頭痛もそれほどではなく楽しめました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「眠れた」

睡眠薬を忘れてきても眠れました!
食事と体操のおかげ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「空腹になったら食べる」 40代女性

“食事”食べ物はその人の命
その人を作っているので意識しようと思います。

今まで3食食べて
しかも食べ過ぎていたのを感じます。

きちんと3食食べなくても
空腹になったら食べようと思いました。

実年齢の10歳以上、上だったのでこれから
この3泊4日の断食コースを常に思い
少しでも実年齢に近づけたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「自分に優しくできた」 40代女性

日頃いかに何も考えずに食べていたのか、
ということを痛感しました。

頭痛や吐き気は、
今までの不摂生のツケかも・・・
(幸いすぐ治りました)
滞在中も勉強しようと本を持参しましたが
そんなことよりゆっくり気持ちと体を癒そうと
自分に優しく?できたのは良かったです。

他の皆さんとも仲良くなれて
充実した3泊4日でした。

■ やすらぎの里の体験談

━━━━━━━━━━━
【4】 編集後記
━━━━━━━━━━━

昨日の夜は、台風が過ぎ去り、
きれいに晴れていたので、
大室山の麓に「星空ツアー」に、
行ってきました。

台風の風が、
雲やチリを吹き飛ばしてくれたので、
満点の星空が広がっています。

いつも以上に、天の川がはっきり見え、
みんなも大喜びでした。

今朝は日の出もきれいだったから、
明日はみんなと
「日の出ツアー」に行ってこようかな。

大沢

■ やすらぎ日記

━━━━━━━━━━━

コメントをどうぞ