『 やすらぎ通信 』繊細で敏感な人

『 やすらぎ通信 』 第710号 201811.13

~ 断食の専門家が教える
心と体のリセット法 ~

やすらぎ通信の登録・解除はこちらから↓
やすらぎ通信

■━━━━━━━━━■

こんにちは、
やすらぎの里の大沢です。

伊豆高原は雲が多めで、
しっとり肌寒い日。

午後からは雨の予報で、
さらに寒くなりそうです。

こんな日は、温泉と岩盤浴で、
体の芯から温まると、
幸せを感じますね~。

食堂も床暖房が入っているので、
足元からポカポカです。

ケヤキの紅葉

ケヤキの葉が黄色になった伊豆高原から
やすらぎ通信をお送りします。

【目次】━━━━━

【1】繊細で敏感な人

【2】やすらぎのレシピ
「けんちん汁」

【3】寄せ書きから

【4】編集後記

■ やすらぎの里の空き室状況はこちら

━━━━━━━━━━━
【1】繊細で敏感な人
━━━━━━━━━━━

先日、滞在したゲストの方で、
真面目で繊細、
いろんなことに過敏に反応するので、
生きていくのが大変という女性の方がいました。

面談で話をする中で、
「私はハイリー・センシティブ・パーソンだと思う」
と言われ、初めて聞いた言葉だったので調べてみました。

ハイリー・センシティブ・パーソンは、
(Highly Sensitive Person)頭文字をとって
「HSP・エイチ・エス・ピー」と呼ばれます。

HSPは病気ではなく、
その人の性質で、
日本人の2割ぐらいに、
その傾向があると言われています。

・・・・・・・・・・・・・・・・

HSPには、下記のような傾向があります。

1、場の空気を敏感に読み取るので、
大人数の人がいる場にいると疲れてしまう

2、音や光、匂いなど周りの状況から、
普通の人より多くの刺激を感じるので、
いろんな刺激に過敏に反応してしまう。

3、周りの人の感情を深く読み取り、
 自分を合わせることも多いので、
 共感しやすく、感情移入する傾向がある。

細かいセルフチェックの項目もあるので、
興味のある方は、ネットで調べてみるといいです。

●HSP診断テスト

・・・・・・・・・・・・・・・・

HSPは病気ではなく、
その人の個性なので、
自分の傾向を客観的に知って、
がんばって治そうとするのではなく、
上手に生かしていけるといいですね。

面談したゲストの方も、
長年、自分の敏感さに振り回され、
人と同じようにできない自分を責めていたけど、
他にも同じような人がたくさんいると、
分かっただけでも救われた気がしました。

できない自分を責めないで、
それも自分だと受け入れて、
自分にできることをやっていこうと話していました。

・・・・・・・・・・・・・・・・

専門の本もいくつか出ていて、
分かりやすいなと思ったのが、
「敏感すぎる自分を好きになれる本」
長沼睦雄著 青春出版

こちらも好評のようです。
「敏感な世界に生きる、敏感な人たち」
イルセ・サン著 ディスカバー・トゥエンティワン

■ やすらぎの里について

━━━━━━━━━━━
【2】やすらぎのレシピ
━━━━━━━━━━━

「けんちん汁」

朝夕、寒い日が多くなりましたね。
こんなときは、具沢山のお味噌汁が、
体を内側から温めてくれます。

お腹の掃除にもなるので、
たっぷり作って、温まりましょう。

けんちん汁

<材料> 4人分

大根(いちょう切り) 5cm、人参(いちょう切り) 適量、
こんにゃく(短冊) 適量、ごぼう(ささがき) 適量、
椎茸(スライス) 適量、里芋(皮をむき、乱切り) 2個、
豆腐(水切り) 適量、一番出汁 800cc、長ネギ(小口切り)

・・・・・・・・・・・・・・・・

<作り方>

1、里芋は下茹でしておく
2、一番出汁に、硬い順から野菜を入れ煮る。
3、塩、薄口醤油、濃口醤油で味を整えたら、
水切りした豆腐を手で潰し入れる。
4、器に盛り、上にネギをのせる。

━━━━━━━━━━━
【3】寄せ書きから
━━━━━━━━━━━

やすらぎの里では、
来ていただいた方がお帰りの際に、
寄せ書きを書いてもらっています。

滞在中の感想から感謝の声まで、
すべてスタッフみんなの活力になっています。

今回は11月2日から
高原館に滞在した皆さんの声です。

雨が続いた週でしたが、
その分静かな時間を
たっぷり過ごすことができた週でした。

最終日は霧雨の中、
傘を持ってみんなでお散歩。

サァーっと雨が降る静けさも
味わってみれば
心静まる良い時間になっていました。

新鮮な気持ちで食も自然も
じっくり味わえるのが
リトリートの醍醐味だと
再確認した週でした。

深澤

・・・・・・・・・・・・・・・・

「再度スイッチが入りました」 40代 女性

どういった生活を送ればよいのか
分かってはいるけれど、
なかなか普段の生活の中では
出来なかったので、
再度スイッチが入って良かったです。

また日常に流されたなと感じた時
訪れたいと思いました。

ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・

「穏やかに過ごせました」 40代 女性

一年中仕事漬けでしたが、
やはり“メリハリ”が必要で、
頭では分かっていても、つい忘れてしまい、
結局体に結果が出てしまいました。

食事だけでなく、呼吸だったり
“無”になる時間を
増やしたいと思いました。

正直頭も体も悲鳴を上げていて、
ここに来て、体だけでなく、
心も穏やかに過ごせました。
ありがとうございます。

・・・・・・・・・・・・・・・・

「新しい発見」 50代 女性

雨が連日というのは初めてで、
ちょっと歩くことが出来ずにいましたが、
新しい陶芸体験(mono factory)さんがとっても良かった。
新しい発見、次回の楽しみが増えました。

・・・・・・・・・・・・・・・・

「ご縁に感謝」 30代 女性

何回来てもやっぱりいいところですね。
ゆっくりできました。

雨であまり外出しないのも、
たまには良いですね。
外出は次回のお楽しみに。

いつももっと滞在したいなと思います。
ご縁に感謝。

■ やすらぎの里の体験談

━━━━━━━━━━━
【4】 編集後記
━━━━━━━━━━━

先週のアンケートを見て、
泣きそうになったというか、
ちょっと泣きました。

勇気づけられているのは、
僕らの方だと思う。

小さな光、
灯台のような存在であり続けます!

大沢

笑顔

「小さな光」30代 女性

やすらぎの里は「やすらぎ」という、
それ自体は目に見えず、
測ることもできないものを
誰もが穏やかに感じ取れるよう、
形作っている場所だと思いました。

それぞれの日常へ帰った私達が、
疲れ、傷つき、前に進めなくなったとき、
振り返れば、いつも同じ場所に小さな光が見えて、
自分にはあの場所がある、
あそこへ行けば大丈夫と思える。

すぐに行くことはできなかったとしても、
その光のおかげで、
今、自分がどこにいるのかが分かる。

そんな灯台のような存在であり続けて欲しいです。
一週間、本当にありがとうございました。
また来ます!

■ やすらぎ日記

コメントをどうぞ