やすらぎの里 通信  Vol, 47 平成15年6月28日発行

●目次 
○断食の効果
○やすらぎの台所から  「初夏の献立」・アジの干物と夏みかんのサラダ・地物野菜のコンソメスープ・ひよこ豆入り玄米ご飯・夏野菜のマリネ・豆腐の和風フラン・夏みかんと豆腐のムース・タンポポミルクティー
○情報スクランブル  「庭園露天風呂が出来ました」「書籍紹介」○からだメンテナンス  サンマーク出版  大沢 剛 監修
○コンプレックス・ダイエット 
○アロマの風を・・・
○やんもの森から
○寄せ書きから


  
 【断食の効果 】

テレビや雑誌で「断食」が取り上げられることが増えるにしたがい「どんな効果があるの?」とか「食べないことは身体に悪くないの?」など様々な質問が寄せられるようになりました。
そこで今回はそんな「断食」に関する質問にお答えするため「断食の効果」をご紹介します。

「断食はもっとも自然な治療法」
 
自然の中で暮らす動物は、体調を崩すと食べないで一日中うずくまって寝ています。
食べないことで内臓を休め、動かないことで身体を休めています。
そうすることで身体のエネルギーのほとんどを治癒に使うことが出来るようになるのです。
これはなにも動物だけではなく、人間でも赤ん坊のうちは、いくらおっぱいを飲ませようとしても調子が悪い時は飲もうとしません。

大人でも本当に体調が悪くなると食欲が低下して、身体がだるくなって動きたくなくなります。
ところが大人はなんでも頭で考えて行動するので、「調子の悪い時は栄養を取らなければ」と食欲もないのに無理に食べたり、「健康のために毎日運動しなければ」といって、自然な身体のサインに従わないのです。

忙しい毎日を送っていれば、いつもからだのサインに従っているわけにもいかないのはよくわかります。
だからこそたまには自然の動物をお手本にして内蔵を休めたり、ゆっくり身体を休めることが必要なのだと思います。

「動物にも効果的な断食」
 
食べ過ぎや運動不足で病気になっているのは人間だけではありません。
家畜やペットとして飼われている動物にも人間と同じような病気が増えています。
狭い環境で飼われ、自然なものとはいえない食べ物を食べているのでむしろ人間よりも劣悪な環境下で暮らしているといってもいいでしょう。
例えば、鶏や養殖の魚、太りすぎのペットなどにも断食は効果を上げています。

「断食の効用」
 
断食のことを医学的には「絶食療法」という言葉で表現します。
大学病院など大きな病院でもおこなっているところがあり、専門の学会もあるくらいです。
そのようなところで立証されている断食の効果には以下のようなものがあります。

1、内臓の休息

食べ物を食べてからそれらが消化、吸収されるまで長いものだと20時間くらいかかるといわれています。
内臓も必要以上に使いすぎると疲労して働きが低下してきます。
食べなければ消化や吸収の働きから開放されるので、内臓の疲労が取れて機能が回復するのです。

2、脳の疲労を取る

ストレスを抱えている人や頭ばかり使う仕事をしている人は、いつも脳の同じ部分ばかりを極端に使っています。このような状態が長い間続くと脳も身体と同じように疲労して、働きが悪くなってしまうのです。
 
ところが断食による空腹という刺激が普段とは違う脳の部分を刺激することにより、頭が空になり、どうしても頭から離れなかったことが消えてなくなるのです。
断食が終わる頃になると気分がすっきりしてとても爽快になれるのは、脳の疲労が取れて活発に働くようになったからなのです。

3、身体の大掃除

断食中は身体に栄養が入ってこないので、身体に溜まっている余分な脂肪や血液中のコレステロールなどを燃焼して生きるエネルギーに変えていきます。
実際に自宅に帰ってから病院などで検査を受けると血液中の中性脂肪やコレステロールの値が正常になったり、脂肪肝が改善したり、血糖値が正常になったりする方がたくさんいらっしゃいます。

4、自然治癒力が高まる

自然からかけ離れた生活をしている現代人は、環境の変化に対する適応力が低下しています。
ところが断食をするとそのショックで体の野生の力が目覚めてきます。
特に自律神経やホルモン、免疫の働きが活発になり、自然治癒力がアップしてくるのです。

5、味覚が変化して食生活が改善できる
 
断食をすると味覚が敏感になり、自然なものが美味しく感じられるようになります。
自然な味覚が戻ると普段の食生活を無理なく変えることができるのです。

「断食のダイエット効果」
 
断食というと減量のためにおこなうものだと思っている方も多いようです。
確かに食べないわけですから体重は減りますが、体重を減らすためだけなら低カロリーの食事をして運動をする方が理想的な減量の方法だと思います。
 
断食の本当のダイエット効果は減量というよりも、心身の浄化と味覚の変化にあるといってもいいでしょう。
現代人はほとんどの人が動く量以上のものを食べているので、脂肪は蓄えられていく一方です。
ところが断食をして半日以上経つと身体に蓄えていた脂肪が少しずつ燃焼されてきます。
一番初めにエネルギーとして使われるのが血液中のコレステロールや中性脂肪、その次が肝臓に蓄えられていた脂肪分です。
このように不良債権のごとく蓄えられていた脂肪分が断食により消費され、血液がサラサラになり、内蔵の脂肪が減って身体の内側からきれいになってきます。

また断食をすると味覚や嗅覚が敏感になり、刺激的な味に慣らされていた味覚が自然な素材の美味しさを感じられる味覚にリセットされてきます。
動物は本来自分の身体にいいものを美味しいと感じる味覚を持っています。
草食の動物が草を食べるのはダイエットのためでなく、ビタミンを補給するためでもありません。それが美味しく感じるから食べているだけです。
人間のように「これがいいからと」頭で考えた知識で無理に食べたりすることはありません。
人間にも他の動物のように身体にいいものを美味しいと感じる味覚があるはずですが、何でもやわらかく調理され、刺激的な味付けに慣れてしまい、本来の味覚が狂ってしまっているのです。

断食をすると動物本来の味覚が戻ってくるので、人間にとって理想的な食事(=素材の味を生かした伝統食)を美味しいと感じられるようになるのです。
この味覚が狂ったままだと、身体にいい食事=美味しくない食事ということになりいずれ我慢の限界になり、また以前の食習慣に戻ってしまうのです。
どんなに身体にいいと言われてもまずいものでは続きません。
身体にいいものを美味しいと感じる味覚さえ取り戻すことができれば、好きで食べているものが身体にいいものになるので、我慢は必要なくなるのです。

「断食をおこなう場合の注意点」

断食をおこなう場合は必ず回復食といって、断食後から始まる段階的に増えていく食事を取ることが鉄則になります。基本的には断食した日数と同じ期間をかけておこないます。
この回復食をきちんとおこなうことができるかどうかで、断食の効果が決まるといってもいいほど大事なポイントです。
断食で内臓を休めて、その内臓が無理なく普通の食事に戻っていく回復食をきちんと取ることではじめて断食の効果が発揮されるのです。

興味のある方は一度専門の施設で体験してみることをおすすめします。
専門の施設でおこなう断食は思っているよりもつらいものではありません。
食の誘惑のない環境で身体もこころも空っぽにすることは、まさに命の洗濯といえる体験だと思います。

「断食の本当の目的とは」

断食の本当の目的は不自然な生活や食習慣で狂ってしまった感覚を正常に戻し、身体に必要なものが気持ちいいと感じる感覚を取り戻すことにあります。
野生の動物がすべての病気を自分で治すことができるのはこの感覚が正常に機能しているからなのです。
人間だけが失ってしまった、その感覚を取り戻すことで情報に振り回されることなく、自分の身体に必要なものが自然にわかるようになってくるのです。
その感覚を頼りに、よりその人らしい無理のない自然な生き方を見つけていくということが、断食の本当の目的だと私は考えています。


 【やすらぎの台所から】

梅雨のしっとりした雨を受けて、やすらぎの里の小さな畑のお野菜もぐんぐん育っています。
春に植えた野菜が成長しすぎて花が咲いているのもあります。
もうこうなると硬くて食べられないので抜いてしまうのでしょうが、あまりに可憐な花がかわいそうでなかなか抜けなくなってしまいました。
やすらぎの里の小さな畑はお野菜のお花畑になってしまいそうです。          文枝

「初夏の献立」
・アジの干物と夏みかんのサラダ
・地物野菜のコンソメスープ
・ひよこ豆入り玄米ご飯
・夏野菜のマリネ
・豆腐の和風フラン
・夏みかんと豆腐のムース
・タンポポミルクティー


「やすらぎの里のレシピより」

○豆腐の和風フラン 
お野菜の豆腐オムレツとでもいうような一品です。
オーブンがない場合はフライパンを使っても作れますので、お料理好きの方は挑戦してみてください。

「材料」6人分
木綿豆腐 1丁、キャベツ1/4、玉ねぎ1/2、しいたけ6個 卵2個、小麦粉大さじ4、

「作り方」
1、豆腐をほぐしてざるに入れ水気を切る。
2、玉ねぎはみじん切り、しいたけ薄切り、キャベツは線切りにする。
3、玉ねぎ、しいたけ、豆腐、キャベツの順で炒め、塩、コショウ、醤油で味を調え、小麦粉を加えよく混ぜて冷ます。
4、3に卵を混ぜて20cmの型に流し入れてオーブンで200度で20分焼く。
5、6等分に切り分けてお皿に盛り付けて出来上がり。

○夏みかんと豆腐のムース
「材料」8人分
豆腐(ミキサーにかけて)150cc、甘夏汁50cc
甘夏の実1/2カップ、はちみつ大サジ2、卵白1個
粉ゼラチン5g、水30cc

「作り方」
1、豆腐をミキサーにかけとろとろにする
2、ボールに豆腐、甘夏汁、甘夏の実、はちみつを入れて混ぜ合わせる
3、ふやかしたゼラチンを温めて溶かし、2に加えよく混ぜ合わせる
4、大きめのボールに水と氷を入れ3のボールを入れてかき混ぜながら冷やしてとろみをつける
5、卵白を泡立て4と氷水で冷やしながら混ぜる
6、少しとろみがついてきたら、18cmの型に流し入れて冷蔵庫で冷やせば出来上がりです


 【情報スクランブル】

「庭園露天風呂が出来ました」
 
6月のお休みの期間中に大浴場の庭園部分に露天風呂が新設されました。
今までも屋上に露天風呂はあったのですが、屋上なので開放感は抜群なのですが、雨の日や風の強い日などは使えない日もありました。
 
新設された露天風呂は大浴場から直接出入りできますし、お風呂の上に屋根がかかっているので雨の日でもゆっくり入ることができます。
檜の木の浴槽の内側に肌触りのいい伊豆石を張ったお風呂には、檜のいい香りが漂っています。
今度いらしたときには是非ご利用下さい。


「書籍紹介」

○からだメンテナンス  サンマーク出版  大沢 剛 監修
 
私の3冊目の本は身体のいろいろな不調の対処法が満載です。
かわいらしいイラストがふんだんに使われていて、気軽に読むことが出来る本になっています。
まず体質を見分けるためのチェックシートがあり、自分の体質が分かるようになっています。
さらにそれぞれの体質に合わせた生活上のアドバイスがあります。
また、季節に合わせた過ごし方や手当て法など、からだを自然な方法でメンテナンスしていくのに必要な情報がたくさん掲載されています。
いつも身体の調子がいまいちという人は、この本を使って元気な身体を手に入れてください。  大沢


 【 コンプレックス・ダイエット】

第3章 「地獄の日々のはじまり」

学校は、当時国内で唯一のダンスの専門学校だった。
日本ヘルス&スポーツ専門学院。
それまで全く経験もなく、ただやってみたい!という素直な気持ちで決めた。
小さい頃から踊ったり、歌ったりする事が好きで、よく人前や鏡の前で当時のアイドル歌手を真似ては遊んでいた。
小学校の頃、いつか私もこのテレビの中で・・・なんて思いながら歌番組を見ていたものだった。
学校は、殆んどが経験者またはダンスカンパニーに所属している人たちで、私のような未経験者は少なかった。
その為、最初はテンポについて行けなくて戸惑ったが、ジャズ、モダン、バレエ、タップ・・・・・etc

初めて経験する世界は、どれもが新鮮で、どの授業も楽しかった。
それまで何となく生きてきた私にとって、初めて自らやりたいと思うものに出会えた瞬間だったなと今から思う。

体重は、41kgになっていた。スタート時より-19kg。
その頃の食事は、朝はトースト半分に目玉焼き1個とヨーグルト。
昼は、人の半分程度の量のおべんとう、夜はお茶碗半分のご飯に、煮魚,お浸し,お味噌汁といったもので、バイトのある日は、夜の食事を抜く事が多かった。
依然便秘は続いていて、薬を飲まないと殆ど出なくなってきていた。

アルバイト先の薬局のオーナーに尋ねて、薬をタケダ漢方便秘薬から毎日服用するタイプのゼリア新薬のウイズワンに変えみたら、調子が良くなり、それから処方通り、毎日使用するようになっていった。
体重は、落ちる事は少なくなっていたが、増える事もさほど無く安定していた。
体を動かし汗をかく事で新陳代謝が高まり、エネルギーの燃焼が良くなった事が体重増加防止に繋がったのだろう。
それに適度な運動が、ストレス発散にもなって以前よりも元気だった。
また、四方鏡張りのレッスンスタジオが、常に体系を意識させてくれる道具になり、学校に通った事は、ダイエットにも少なからず良い影響となった。

彼との仲も順調だった。偶然にも、彼の通っていた専門学校と私の学校が近かったので、帰りはよく待ち合せて一緒に帰った。
その年の誕生日には、彼から誕生石のついたゴールドの指輪をプレゼントに貰い、最高の20歳を迎えた。
また、秋の学校の文化祭で踊った自主作品は、周りからの評判も良く、一生の思い出となり、その時に親友K子から貰った花束に沿えてあったメッセージは、今も大切に持っている。
幸せな時を過ごしている事を感じた。
すべてが思い通りに、そして完璧に・・・・・。

そして、1年もあっという間に過ぎ、年も明けて成人式も無事に終え、1年の学校生活も終りを迎えた。
1年という短い期間の経験では、仕事に付く事は難しく、何件かのスポーツクラブの面接を受けたが、すべて不採用の通知が届いた。
そんな時に、アルバイト先のオーナーからバイトではなく、正式に働いてみないか という有り難いお誘いがあり、そこで働きながらダンスのレッスンを続けることにした。
学校で1番仲の良かったT恵も、私の紹介でそこに勤める事になり、心の知れたオーナーとその奥さん、そして友人という恵まれた環境の中で、何の不安もなく、再び社会人として歩み出す事になった。

そして、そんな生活が始まって、2~3ヶ月が過ぎたあるの日の朝の事だった。
いつものように朝食を食べる為、私、母、そして高校生の弟が食卓に付いていた。
コーヒーにサラダ,目玉焼き,そしてトースト。
それぞれの分が用意される。 私もいつものようにトースト半分,目玉焼き,ヨーグルトで食べ終るつもりだった。
が、さっきから向かいで食べている母や、隣の弟の事が無性に気になる。
母や弟が気になるのではなく、2人が食べている物が気になってしょうがない。
更に心の中では、残さないかなと期待している。
“私、何を考えてるんやろ。”
心の中の言葉を振り払おうとするが、体は動こうとはせず、2人が席を離れるのを待っている。
そして、・・・。

食卓にあったもの全てを食べ尽くし、自分が取った行動を信じられない気持ちで、その場に呆然と座っていた。
“どうしたんやろ・・・??”
“あかん、こんな事してたら、体重にも影響してくる。
ストレスが溜まってるんやわ。気を付けな。”
とその場は、それで自分に言い聞かせ、仕事へと出かけて行った。
だけど、この事があって以来、言い知れない不安を自分に感じるようになった。
そして、それから数日後、またも同じ事が起こった。
味わうというより口に入れるといった速さで、やはりその場にあったもの全てを食べてしまった。
“何で!”
自分の意志で止められない程必死に食べる自分を異常に感じたが、そんな自分を認める事は出来なかった。

これまでの2年間の努力が、泡のように消えていく。
そんな気さえ心をよぎっていた。
“大丈夫。落ち着いて考えれば、わかる。しっかりしんと!“
だけど、あの日を境に、異常な食欲は頻繁に私を襲うようになる。その都度“大丈夫”と自分に言い聞きかせてその場をしのいでいたが、食べる量や頻度は、次第にエスカレートし、安定していた体重にも影響し始めた。

張り詰めてきたものが、限界を迎えていた。
抑えられない異常な食欲と、リバウンドの恐怖の中で、これまでに感じた事の無い孤独を感じていた。 つづく    河田


 【 アロマの風を・・・ 】

「 ジュニパー 」

梅雨、湿度が平均80%を越すこの時期には、むくみ、だるさ、胃の不快、じんま疹など、私たちの身体にあらゆる悪影響をもたらします。
ジュニペラス・コムニス通称“ジュニパー”松に似たピリッとしたこの香りは、体内に停滞する水分,老廃物を体から排出する効果を高めてくれます。

腎臓に働きかけ、体から寒湿(冷えと湿度)を取り除くため利尿作用や腰痛、手足の冷え、むくみに効果を表し、リンパの滞留を改善します。

心に対しては、自信を失いかけている時にこの香りを香ると、意志の力を強化し、困難に負けない強い心を取り戻してくれます。

~ヒノキの香りで、スッキリマッサージ!!~
・ジュニパー ・・・3滴  
・サイプレス ・・・2滴
スイートアーモンド油25ml(無ければ,お持ちの植物油でO.K!)に上記を加えて混ぜ合わせ、 お風呂上がりに二の腕やおなか,足など気になる部分をマッサージしましょう。
夏に向けてのダイエット効果も期待出来ますよ!

慢性的なむくみや胃もたれには、ジンジャーやカモミールのハーブティーもお勧めです。
アロマの力でうっとうしい梅雨を乗り切って、アクティブな夏にお迎え下さいね!  河田


 【やんもの森から】

先日ついに念願の軽トラックを購入しました。
田舎暮らしでは欠かせない軽トラックですが、駐車場や維持費のことがあり購入を先延ばししていました。
ところが近くに畑を借りられるという話が具体的になり、「それなら軽トラも必要だ」ということになり、すぐに購入したのです。
ホンダのアクティー4WD、ウルトラローもついているので超低速四駆走行もできる頼もしいやつです。
少し角がへこんでいたり、シートが破けているのですが、それもまたはき古したジーンズのようにいい味になっています。

軽トラが来た次の日に野見山先生の家に土をもらいに出かけました。
かみさんと二人で野良着に着替え、首にタオルを巻いて軽トラでお出かけです。
窓を全開にして海からの風を受けながら、軽トラを飛ばしているとなんだかわくわくしてきました。
田舎生れの私たちには百姓の遺伝子が組み込まれているようです。   大沢


 【寄せ書きから】  
 
会社のリフレッシュ休暇を利用して来たのですが、身体だけでなく心も頭もリフレッシュできました。
命の洗濯とはまさにこのことだと実感しています。
先生、スタッフの皆さま本当に有り難うございました。    50代 男性

文字通り「やすらぎ」の空間で、とてものんびりまったり過ごすことができました。
先生やスタッフの皆さんもとても優しく接して下さり、充分リフレッシュできました。
「断食」といってもそんなに辛いものではないんだなあと実感しました。
ありがとうございました。また来たいです。   30代 女性

体重3kg、体脂肪5%減はとってもうれしかったです。
身体がおかしいなと思い始めて2年くらい経っていたので来た時はどうなることかと思っていたので、思わぬ効果にびっくりです。
将来自分で飲食店をやりたいと思っているのですが、ここに来て「人が健康になる食事、人を幸せにできる店」を作りたいと思いました。
またぜったい来たいと思います。ありがとうございました。   20代 女性

最初イメージしていた断食とは違い、リラックスして楽しんで健康になるといった雰囲気が心地よかったです。
丁寧に作られた食事にも感激しました。
先生、スタッフのみなさま本当にありがとうございました。   30代 女性

集まるゲストの方々も雰囲気も和気あいあいで楽しい時間を過ごさせていただきました。
アットホームな感じで心からくつろげました。
また、是非来たいと思いますのでよろしくお願いします。   60代 女性

スタッフのみなさんの感じのよさには本当に驚きました。
みなさんのお人柄がやすらぎの雰囲気を作り出しているのだと実感しました。
また、掃除が行き届いており、館内が常にきれいだったのでともて気持ちよく過ごすことができました。   50代 女性

  

コメントをどうぞ