本館ゲストのみなさんの声・8月6日~

8月6日から6泊7日で、
本館に滞在されたみなさんの声です。

花火大会

台風で大雨が降ったり、台風一過の青空が広がったり、
猛暑に肌寒い日など、刻々と変わる天気の一週間でした。

晴耕雨読、伊東の花火大会、
みんな自分のペースで楽しんでいた週でした。

大沢

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「体の声を無視していた」40代 女性

ここに来る前は、心身ともに疲れ切っていて、
断食も大丈夫なのかと心配でしたが、
これまで過食気味で空腹を感じたことがなかったのが、
やっと感じることができ、
ずっと体の声を無視していたんだなと思いました。

日常からも離れることで、
少しずつゆううつな気持ちもやわらいできた、
というか、どうでも良くなってきたので、
一年に一回、できれば半年に一回は来たいと思いました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「お腹が空くことは」40代 女性

食べることは大好きで、
美味しく食べて元気でいたいと思っていました。

断食してみて、お腹が空くということは、
嫌なことではないのだな~と思いました。

「ぐ~、ぐ~」となるお腹の音。
でも、しばらくやり過ごせば別に平気なことも。
お腹が空いていないのに、
なんとなく食べるのはやめようと思いました。

なるべく体にいいものを適量、
ゆっくりいただく生活をしていきます。

いいリセットができました。
大沢先生、スタッフのみなさん、一緒に参加したみなさん、
本当にありがとうございましした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「伊豆の別荘」50代 女性

リピーターですが、最近は休み明けに、
同僚に「伊豆の別荘に行ってきた」と言いながら、
お土産を渡しています。
まさに、別荘だと思っています。

今回は2日はタフに、2日は少し軽めに歩くようにしました。
途中、お天気が良くなかったことも幸いし、
ほぼ計画的にハード&ライトを交互に達成できました。

ついつい歩きすぎてしまうので、大切なことは「やり過ぎないこと」
「ほどほどに」を今年以降の目標にしたいと思っています。
今回もありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「私の体だからこそ大切に」40代 女性

ウォーキングや神社参拝、花火など、
籠もりきりにならないよう、
季節の楽しいイベントへも連れて行って
いただけて楽しかったです。

毎日のマッサージや夕方のリラクゼーション法も、
とても勉強になりました。
滞在した方々ともお話したり、声を掛け合ったりして、
一体感があり、楽しく過ごせました。

また、自分の体の体質も知れて、
人それぞれなのだということを再確認しました。
私は私の体に耳を傾け、
私の体だからこそ大切にしようと思いました。

そして、私から食欲はうばえないと再確認しました!
食べること、大好きです!

大変お世話になり、ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ひたすら寝て・・・」30代 女性

初日から3日間は心身ともにダウンでした。
ひたすら寝て、寝て、寝て・・・。

頭も何も考えられなくて、
出てくるとしたらガンジーの顔くらいでした(笑)

でも、回復食が始まったとたん、体がうずうずしてきて、
すぐに散歩に出かけました。
同じ部屋だった人達とも3人でずっとしゃべってしまったり。

食べ物を少し口にするだけで、
人間の体ってここまで、
すぐに回復するんだとすごく感動したのと、
私って生き物なんだ(笑)って、あらためて実感しました。
私の生きようとする力を愛おしく感じました。

だから、悩みがあってもなくても、
今存在していることに感謝して、
自分を愛することができたら幸せなんだと思いました。

それを体を通じて実感させていただいた、
やすらぎの里のみなさんに感謝です。
また、やすらぎの里に戻ってきます。
いや、本当に大好きです、この里が(^m^ )

コメントをどうぞ