【養生ブログ】運命にまかせきる

「病気になったのは生き方が間違っているからだ」

たしかに言っていることはわかる。

「生き方を改めれば病気は治る」

裏を返せばそういうことだ。

でもそれは、自分の生き方を自分で選択できるという前提がある。

本当にそれが可能なのか。

例えば、「ストレスフルな環境で長時間働く」

あきらかにそれが病気の原因とわかっても、それをやめる理由にはならない。

つまり、人生における優先順位は人それぞれで、正解はないということだ。

人生観は人の数だけある。

太く短く生きるか、細く長く生きるか。

細く短く生きるか、太く長く生きるか。

生まれてから今までの、多くの偶発的な出来事の集積の結果として今がある。

誰がそれを選択することができるのだろうか。

過去を悔やむことはない、未来を憂うこともない。

人生は、なるようにしかならない。

人もまた同じ。
29572678_1073993579406329_3540036562781937355_n

コメントをどうぞ